大島美幸の不妊治療法!漢方で子供は本当に授かるのか?

スポンサーリンク

人気絶頂期に妊活休業し、「妊活」という言葉を世間に広めたのが、大島美幸さんです。大島美幸さんは、2回の流産を経て、35歳で出産を迎えました。どのような不妊治療を行ったのでしょうか?

子宮筋腫の治療から開始!子宮筋腫は流産の原因になる⁉︎

流産が2回続くことを、反復流産と言います。流産が2回続いても、何も治療を受けずに、その後,妊娠や出産をする確率は、75%と言われています。ただし、流産が続いた場合は、検査を受けることが、勧められています。

流産が続く場合、母体側が持つ流産の原因の1つが、子宮筋腫です。子宮筋腫は、30歳以上の女性の約20~30%に見られる病気です。

子宮筋腫があっても、自然妊娠や出産は可能です。ただし、卵管や卵管口を圧迫する位置に腫瘍ができてしまうと、不妊の原因になります。また、子宮が硬いことで、初期流産になるリスクが生じます。

2回の流産を経験した大島美幸さんは、妊活にあたって、子宮筋腫の治療から始めています。また、夫の鈴木おさむ氏も、精子検査を受け、精子の運動率があまり良くないことが判明しています。そのため、早めの人工授精を勧められました。

スポンサーリンク

→太田光代の不妊の原因は夫の太田光?不妊治療でも改善は不可?

不妊治療中にタンポポ茶を愛飲!タンポポ茶は不妊に効果があるの?

不妊治療をしながら、大島美幸さんは、体に良い、さまざまなことを取り入れています。その1つが、漢方です。妊娠しやすい体にするため、大島美幸さんが飲んだのが、タンポポ茶です。

タンポポ茶には、冷え性改善や女性ホルモンの分泌を活性化させる作用があるとされています。不妊治療を受けている女性が、タンポポ茶などのタンポポエキスを摂取することで、妊娠率が約20%アップすると言われています。

タンポポ茶の口コミを見ると、「血行が良くなった」「生理不順が改善された」という声が、少なくありません。飲みだして1~3ヶ月で、妊娠したという女性も、稀ではありません。

タンポポ茶には複数の品がありますが、不妊に効果があるとされるのは、「ママナチュレのたんぽぽ茶」「たんぽぽ茶ショウキT-1エキス」です。大島美幸さんが不妊治療中に飲んでいたのは、「たんぽぽ茶ショウキT-1エキス」です。

たんぽぽの葉から抽出したエキスが使われ、不妊への効果が高いとされています。

→秋野暢子の不妊の原因と不妊治療の成果は?

今回のまとめ

人工授精で子供を授かった大島美幸さん。子宮筋腫の治療から妊活を始め、不妊治療中に漢方も取り入れて、妊娠しやすい体を作ることに努めました。

大島美幸さんが取り入れた漢方は、タンポポ茶です。タンポポ茶には、血行促進と卵巣機能の活性化の作用があるとされています。口コミでも、その効果を実感したという声は、少なくありません。

スポンサーリンク

→安倍昭恵夫人の不妊の原因!不妊治療で子供は授かったのか?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です