不妊検査の費用はどの位かかる?保険で対応は可能か?

スポンサーリンク

自然にしていれば妊娠するのか、それとも妊娠、出産を望むには何か治療が必要なのか、と悩むケースがあります。

妊娠に関することはとてもデリケートで、年齢のことも考えに含めるため、悩んだ状態から検査を受けてみるかどうかの結論も出さなければ、と更に悩みとなってしまうこともあるかもしれません。

不妊検査に保険の適用はされるのか?

また不妊についての治療は保険が適用されるものと、適用されないものとがあり、保険が適用されない場合、費用が高くなります。

そのため、受診する前にどのくらいの費用がかかるのか、という点も検査を受ける前に心配されることが多くなります。

検査を考えクリニックを決めた際には、予約の時などにだいたい初診での費用はどれくらいになるかを可能であれば聞いておくと、受診前の安心材料となります。

また、初診の際にパートナーとともに受診するのかを確認し、スケジュールを見ておくことも重要です。

→不妊治療を諦める理由ベスト3!何故治療をやめたのか?

不妊についての検査内容

初診での検査内容は、卵胞刺激ホルモンの検査、黄体化ホルモンの検査など分泌されるホルモンの数値についての採血検査、超音波、子宮卵管造影、精子検査などが一般的です。

医師の判断により、必要とされる検査が加わったり、ほかの病院で検査を受けたことがある場合は、初診でも受けなくていいという項目もあります。

このあたりは、実際に受診し、説明を受けることが重要です。

また、検査は男性パートナーも受けることが一般的です。男性パートナーの検査は最初に行うことが多く、費用は8000円ほどになります。

スポンサーリンク

→不妊治療で知って置きたい病院選び5つのポイントとは?

不妊治療の費用相場

費用は病院により異なってきます。ホルモンの数値についての採血検査はいくつかの項目がありますが、保険適用の場合は2000円ほどとなり、自費の場合は10000円ほどになるケースが見られます。

卵管造影検査は保険が適用された場合で4000円以内、自費で10000円ほどとなり、保険の対象の項目となっていないクリニックも見られました。

また、検査とは別にクリニックで問診を受ける際に診察の費用がかかります。初診では保険適用で1000円かからないくらいの額であった場合、自費では3000円弱となり、再診では初診料の半額程度になります。

初診でクリニックを受診する際には、5000円から20000円ほどを想定しておくと無難です。最初の検査では、初診を含め、30000円から40000円くらいになるケースが多く見られます。

→高齢での不妊治療!着床しない理由ベスト3!

さまざまなケアについて
不妊についての専門のクリニックでは、多方面からのケアが行われているケースが見られます。相談やカウンセリングがあり、診察や治療についての説明を行ったり、質問ができる場を設けています。内容により無料で受けられるものから有料のものまであります。
不妊検査は、とてもデリケートな検査で、費用についての心配に加え、メンタル面でのケアの必要性や、治療についての疑問も出てくることが考えられます。そうした際に安心して相談できるクリニックであることも重要視される方は多いと思われます。

スポンサーリンク

→不妊治療治療をするとダウン症の子供の出生率が高くなる?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です