人工授精の成功の秘訣!80パーセントの人は5回目で妊娠する?

スポンサーリンク

我が家にも赤ちゃんが欲しいと、思ってみたけれどなかなか授からないということが悩みの方はたくさんいることでしょう。

悲しいことに、妊娠しやすい人、しにくい人というのはいるもので、また妊娠適齢期を過ぎてしまった人は何度トライしても自然妊娠できる気がしないという方もいるのではないでしょうか。

人工授精を絶対に成功させたい!

そんな方が次にトライするのが不妊治療で、最近では不妊治療の治療法の一つである人工授精を行う夫婦も増えてきました。かつては人工授精なんて人工的に子供を作るような気持ちになると懸念する声もありましたが、今はそんな見解ないに等しいです。

ただ、人工授精を行ったとしても確実に妊娠できるとは限らない現状があります。

せっかくトライするのだから何としてでも成功させたいと思っている方は多いと思いますが、その秘訣はあるのでしょうか。

→人工授精の費用・時間!注射は何に使うの?

人工授精は5回目で妊娠する!?

そもそも、人工授精を行ってみたところで、妊娠できる確率は5~10%程度であると言われています。人工的に授精にトライしても、妊娠する確率は100%ではないのです。

ただ、このパーセンテージからいうと、10回やれば100%妊娠しても良いくらいの値になります。

では、10回人工授精すれば良いではないか!と考える方もいると思いますが、医学的にはその根拠は通じず、5~6回人工授精をやって妊娠しなかった場合はその後何回トライしても妊娠しない確率が高いのだそうです。

そのため、5~6回で成功しないことがわかったら、違う不妊治療の選択に意向するよう言われる病院が多いようです。

中には10回目で成功したというケースもありますので、必ずそうとは言えませんが、年齢が高い人の場合にはかなりタイムリミットが迫っているので、早めに体外受精に切り替える場合も多いです。

ただ、人工授精で妊娠が成功した人の80%以上は、5回目までの人工授精で成功しているということがわかっています。だから、5回やってだめならあきらめた方が良いという一つの目安になっているのです。

スポンサーリンク

→男性必見!人工授精の成功率を高める3つの秘訣とは?

人工授精回数別成功率について

では、実際に何回目で成功しやすいのかを確率と共に見ていきたいと思います。これは年代問わず比較していますので、年齢によってはこの確率を増減します。

まず1回目ですが、30%です。2回目は25%、3回目は15%、そして4回目は10%、5回目は数%ということがわかっています。

回数を重ねるごとに確率は下がっていきますので、これを見ても、5回以上やってだめならもう無理かもしれないと感じることができますね。逆に考えると、人工授精で妊娠できる人は5回目までに妊娠するということでもあります。

人工授精は1回に3万円程度費用がかかりますので、5回やると15万円程度。そう考えると何となく予算立てできますね。

→人工授精の成功率を高める秘訣!食事で気をつけたい3つの事

今回のまとめ

一言に不妊治療といっても、方法は非常にたくさんあり、その中でも人工授精はポピュラーで費用もリーズナブルだと考えられています。

ただ、実際に行うことになると、定期的に男性も女性も通院が必要になりますし、女性は適宜排卵日を測定する必要があったり、男性は定期的な採精が必要になります。

そういった手間が通常妊娠に比べてありますが、それも5回の人工授精だと考えると約半年間です。仕事をしながらだと、なかなか通院するのも大変だという方も多いと思いますが、この半年間を乗り切れば妊娠に成功できるかもしれません。

この半年間で妊娠できなかった場合でも落ち込む必要はありません。人工授精以外にも不妊治療方法は色々あり、体外受精を選択した場合にはもっと妊娠する確率は上がります。

その分費用もかかってしまうので、選択する人としない人がわかれるところではありますが、今不妊治療は決して珍しくなく、恥ずかしいものでもありません。

ですから、いつかは子供が欲しいというご夫婦は不妊治療も検討してみると良いでしょう。今後もっと技術が進歩し、妊娠確率が上がっていくことに期待したいです。

スポンサーリンク

→人工授精の成功率を年齢別に検証!20代30代40代でどれだけ違う?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です