美奈子もなった妊娠糖尿病とは?子沢山だとなりやすいの?

スポンサーリンク

ビッグダディの再婚相手として知られる、美奈子。その後の様子を、ブログで明かしています。2017年1月13日のブログで語られたのが、妊娠糖尿病です。美奈子もなった妊娠糖尿病とは、どんな病気でしょうか?

妊娠糖尿病の原因は?胎児が大きくなるにつれて×××を赤ちゃんに回す必要が生じる

妊娠すると、お腹の中の赤ちゃんにも、ブドウ糖を供給する事が、必要になります。そのため、胎児が大きくなるに従って、インスリンの働きを抑えるホルモンが、胎盤から分泌されるようになります。すると、ブドウ糖は、母体に取り込まれにくくなります。

胎盤を通じて、お腹の中の赤ちゃんに、ブドウ糖が流れていきます。

妊娠糖尿病は、妊娠中期以後に、判明しやすい病気です。インスリンが効きにくい状態になり、血糖値が上昇しやすくなるのが、妊娠中期以降です。

→ビッグダディの繁殖力から学ぶ!子供が出来やすい理由って何?

妊娠糖尿病にはどんな危険性があるのか?胎児にも影響はあるの⁉︎

妊娠糖尿病と診断された美奈子は、「赤ちゃんはどうなってしまうんだろう。あたしは無事に出産できるのかな?」と、不安な気持ちをブログに綴っています。

妊娠糖尿病に罹ると、母体にも胎児にも影響があります。母体では、早産、妊娠高血圧症候群、羊水過多症、尿路感染症などのリスクがあります。胎児には、巨大児の可能性があります。子宮内で胎児が死亡する事もあります。また、新生児の低血糖が起きやすくなります。

スポンサーリンク

→三原じゅん子の子宮頸がんのステージは?生存率はどの位なのか?

どんな人が罹りやすいのか?子沢山だとなりやすいの?

妊娠糖尿病は、全妊婦の約12%に発症します。両親や兄弟姉妹に糖尿病がある人、尿糖陽性の人、先天奇形や巨大児の出産歴がある人、流産や早産の経験がある人、妊娠中に体重が急増した人、そして、35歳以上の人が、血糖値が上がりやすいと言われています。

美奈子は、7人目の妊娠で、初めて妊娠糖尿病と診断されました。

子沢山の人に、妊娠糖尿病は、発症しやすいわけではありません。高齢出産の場合も、妊娠糖尿病のリスクは高まります。治療は、食事療法から開始して、血糖値が非常に高い場合は、インスリン注射を打ちます。美奈子も、インスリン注射を打ったそうです。

→森昌子を襲った子宮筋腫・子宮頸がん!子宮摘出手術を受けると完治する?

今回のまとめ

美奈子もなった妊娠糖尿病は、妊婦の約12%に発症します。子沢山の人がなりやすいわけではなく、誰もが、なりうる病気です。リスクが高いのは、家族に糖尿病がある人の他、急に太った人や高齢出産の人など。

妊娠中期以降に判明しやすい病気です。治療は、食事療法から開始して、血糖値が非常に高い場合は、インスリン注射を打ちます。

スポンサーリンク

→渡瀬マキの不妊の原因!子宮頸がん再発の心配は?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です