妊娠初期症状による腹痛!位置は全体?それとも左側?

スポンサーリンク

妊娠に気付いた時や、妊娠初期症状を感じ始めた中で、おなかに痛みを感じると、何だろうと思ったり、心配になることもあるかもしれません。

妊娠後は体にさまざまな変化が起こります。痛みを感じる場所についても、左側に痛みを感じる、子宮のあたりが少し痛いと、人により異なるかもしれません。

妊娠による胃腸の痛み

妊娠すると、おなかの調子が妊娠前とは異なり、不調になる症状が出ることがあります。そのことにより、おなかの下の方が痛くなる、ということがあります。

また、気付いていない間におなかにガスがたまってしまっていることで、おなかが張って痛いということもあります。おなかの張りは妊娠のための張りとの判断が難しいですが、安静にしていても張りがおさまらず、ガスが出るとスッキリ、という場合はガスによる痛みである可能性が考えられます。

尚、おなかの張りが強い時や、辛い時は婦人科を受診しましょう。

妊娠中の胃腸の不調は、妊娠により、子宮周辺の筋肉の働きが以前と比較し、弱まってくることが関係しているそうです。そのことにより、胃腸の働きに変化が生じ、便秘気味になってしまうことがあるようです。

また、妊娠したことにより、食事があまり摂れなくなったりする食生活の変化からも、おなかの不調を感じることがあるようです。

便秘気味で困ってしまっている、という時には、水分補給や食物繊維、乳酸菌の摂取を心がけるとよいでしょう。つわりが始まり、つらい時には口にできるものを無理のない範囲で摂るようにしましょう。

尚、つわりや便秘でつらい時には婦人科の医師に相談することで、妊娠中でも使用できる薬を出してもらうなどしてもらえます。

スポンサーリンク

→妊娠初期症状の腹痛の位置は?チクチクした痛み風邪っぽく熱があると妊娠?

妊娠中の子宮の影響について

妊娠すると子宮が大きくなり、その変化に伴い、下腹部や足の付け根が痛むことがあります。その際に、人によって痛みを感じる場所が異なってきます。

子宮の周辺にあるじん帯などが影響を受けて引っ張られるような痛みを感じる際には、そちら側の下腹部に痛みを感じている可能性があります。左側がチクチクとした痛みを感じる、引っ張られているような痛みがある、という場合には、左側の子宮周辺のじん帯などが影響を受けている可能性があります。

妊娠初期におなかに痛みを感じるという症状は、比較的多く見られます。ただし、痛みがひどい場合などは受診し、その旨を伝えましょう。

妊娠したことにより、子宮のあたりがチクチクとした痛みを感じたり、なんとなくムズムズと感じたりという症状も見られます。

また、着床により痛みを感じる初期症状も見られます。

妊娠初期のおなかの痛みは、人により個人差が見られるようです。着床の頃から痛みを感じるというケースから、一定の期間痛みを感じた後に痛みが消えるというケース、なかなか痛みが消えないというケースまでさまざまです。

診察を受ける際に、痛みを感じることや、それが不安であることなどがあれば、医師に伝えましょう。また痛みが強いと感じた時などは、早めに受診することも重要です。

→人工授精に1回目で成功する秘訣は?妊娠率を高めるには食事が重要

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です