人工授精で妊娠した時の症状!通常の妊娠との違いは?

スポンサーリンク

不妊治療を開始し、タイミング法を何回かトライしているものの、なかなか妊娠しないと悩んでいる方は、そろそろ人工授精を検討しているのではないでしょうか。

通常病院で治療を開始してから半年以上自然妊娠しない場合には、人工授精の検討を提案されることが多いです。

しかし、なるべくなら自然妊娠したいと思っている方が多いのが現状で、その理由は費用についてや人工授精を選択することの心身の負担など色々あると思いますが、実際人工授精と通常の妊娠とで違いは生じるのでしょうか。

人工授精と通常の妊娠の違いって何?

人工授精がそもそもどのような治療法なのかを知る必要があると思いますので、簡単に説明をしますが、人工授精は人工的に授精できる状況を作るという方法です。

女性は排卵する日を正確に特定できるよう排卵検査薬等を使用して、定期的に体内の状況を通院して確認します。そして同時に男性も排卵した時に、受精できるよう精子を定期的に採精しておきます。

もしも排卵日に精子のストックがなかった場合には、緊急で採精しなければならないという事態になったりもする可能性があります。

精子を採精したら、それを人工的に子宮内に注入して、受精を促します。この時、妊娠しやすいよう女性側にホルモン剤などを注射することも多いです。

このようにして人工授精は行われるのですが、自然妊娠よりもはるかに妊娠する確率は上がります。特に男性が女性の体内で上手く射精できないという場合、勃起障害などの場合には非常に効果があります。

では、この人工授精で妊娠した受精卵と、自然妊娠した場合の受精卵に違いはあるのかというと、結論違いはありません。

もしかすると、人工授精で妊娠した受精卵の方が流産しやすくなるのか、障害がある可能性があるのかなど、心配する方もいると思いますが、そのようなことはありません。

ただ、年齢が高ければ高い程、流産や死産の確率は増えてしまいます。人工授精を選択する人も20代よりも30代や40代の女性の方が圧倒的に多いので、そういった点から人工授精は死産や流産が増えると誤認識している人もいるようです。しかし、実際は全く関係ありませんので、心配しないでください。

スポンサーリンク

→人工授精の成功率が低い原因!自然妊娠の方が望ましいのか?

自然妊娠より合併症の心配はある!?

人工授精と自然妊娠とで受精卵には全く差がないことは述べましたが、一つ心配な点は合併症です。人工授精では稀ではありますが、出血や疼痛などの合併症を起こす可能性があります。この原因は、膣内の細菌が原因で、これが子宮や卵管に注入されることによって起こると考えられています。

授精の日から通常1~2日後に下腹部に鈍い痛みや重みを感じた時が危険で、その痛みや重みはどんどん増加していきます。更に発熱もしてくるでしょう。出血は子宮頸管をカテーテルが通る際に傷ができたためと考えられ、通常は2~3日で軽快していきます。

出血がない場合でも痛みを感じることがあり、これは腰や肛門が痛いと訴える人が多いようです。

更に血の混じった織物がでても、特に心配はなく、更に発熱、痛みがあるという場合は重大な感染症の兆候かもしれませんので、勝手に自己判断することはやめて、すぐに病院に相談するようにしましょう。

→人工授精に1回目で成功する秘訣は?妊娠率を高めるには食事が重要

今回のまとめ

やはり妊娠を希望している場合には自然妊娠できるということが何よりも安全なことではありますが、自然妊娠で妊娠が難しいというケースも今非常にたくさんあります。

不妊治療の中では人工授精は割と取り組みやすく、費用もあまりかからずにできる治療法なのですが、それでも少々のリスクがあるということがわかりました。

ただ、子供の成長に重大なリスクがあるとまではいきませんし、少々の感染症は妊娠中のプレママさんの多くが経験することでもあります。

人工授精はリスクが大きいという考えではなく、多少自然妊娠よりもリスクは増えるかもしれないが、大きな問題ではないという気持ちで取り組むと良いのではないでしょうか。

→人工授精の成功の秘訣!80パーセントの人は5回目で妊娠する?

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です